08 経済学者 小林 昇 編

前苑に旅人椰子 乃葉ハゆらぎもの いふに似てこゝろ哀しも

目次

京都から東京へ。そして武蔵高等学校尋常科へ
名前の由来は、父の昇給?
苦手だった、詰め将棋みたいな幾何

穏やかな父、気丈な母
徳富蘇峰を訪ねた父
家主を追い返した強い母

宮島清治郎氏との出会い~福島へ
「きみは学者になったほうがいい」
重商主義をテーマにした最初の論文

徴兵、結婚、そして戦場へ
出征直前のあわただしい結婚
東シナ海で沈没。奇跡的な命拾い

アダム・スミスとフリードリヒ・リスト
「足るを知る」思想と『国富論』
リストの思想に見た日本人の宿命

時代の境を超えて
ドイツ人研究者との論争
昭和天皇のご質問は「愛国者がなぜ自殺を?」

歌人として―三十一文字に込めた「調べ」
親友の全詩集編纂への意思
歌集第一作は限定一〇〇部
北原白秋からの評価
一七年のブランクを経て、短歌制作を再開

激動の時代を生き抜いて
ベトナム、福島訪問

Acrobat Reader

PDF形式のファイルをご覧になるためにはAcrobat Readerが必要です。
Acrobat Readerをお持ちでない場合は、左のアイコンからダウンロードして下さい。