会員向けサービス

企画イベント

企画イベント

学士会イベントのお知らせです

学士会イベント

2017年11月3日(金・祝) 9:30〜
『オリンピック代表選手に学ぶ初心者向けウォーキング教室』

2000年シドニー五輪20km競歩日本代表で、2002年アジア大会釜山の銅メダリスト、柳澤哲氏を講師にお迎えし、初心者向けウォーキング教室を開催いたします。学士会館内で基本姿勢を学んだあとには、実際に皇居外周をウォーキングします。
※雨天決行ですが、天候状況により屋外ウォーキング時間を短縮・中止する場合がございます。

詳細はこちら

 

『若手茶話会』

毎月原則最終土曜日に開催する若手向けの茶話会。参加者42才以下の若手会員に限定した少人数制の「カタリバ」として『土曜カフェ』『読書会』などの交流会を開催しています。

新しい仲間を作りたい方、普段合うことのない同世代の話を聞きたい方、是非ご参加ください。

詳細はこちら

 

地域講演会

2017年10月14日(土) 15:30〜16:45(懇親会:17:00〜18:00)
『北海道講演会』

2017年度の地域講演会がいよいよスタート。北海道講演会は北海道校友会エルムと共催で開催します。講師に、本年4月に北大総長に就任された名和豊春氏をお迎えし、「世界的課題解決に貢献する国立大学の使命〜北海道大学の挑戦〜」をご講演いただきます。

詳細はこちら

 

2017年12月5日(火) 16:00〜17:30(夕食会:18:00〜)
『名古屋講演会』

名古屋講演会は名古屋大学全学同窓会と共催、名古屋大学後援で開催します。講師には、ナノカーボン化学の第一人者伊丹健一郎氏をお迎えします。

詳細はこちら

 

鑑賞ツアーご案内

2017年9月21日(木)    15時00分〜 / NHKホール
     9月25日(月)   15時00分〜 / NHKホール
     9月28日(木)   15時00分〜 / NHKホール
『「バイエルン国立歌劇場 タンホイザー」鑑賞ツアー』

現在、世界のオペラ・ファンが最も熱い視線を向けている「バイエルン国立歌劇場」。そこに2013年より音楽総監督に就任したキリル・ペトレンコは、世界のクラシック界が注目している逸材です。そのペトレンコが初来日し、得意の演目「タンホイザー」の上演が決定しました。
※定員に達したため、申込受付は終了いたしました。多数のお申込み、誠にありがとうございました。

詳細はこちら

 

2017年10月23日(月)   19時00分〜 / 川崎市スポーツ・文化総合センター
     10月24日(火)  19時00分〜 / 昭和女子大学・人見記念講堂
『「ソウェト・ゴスペル・クワイア」鑑賞ツアー』

アフリカン・ドラムが奏でる強烈なリズムと大地に鳴り響くハーモニーは、観るものを全てを魅了し、観客の心に“訴え”かけます。ぜひ、一度ご鑑賞ください。
※定員に達したため、申込受付は終了いたしました。多数のお申込み、誠にありがとうございました。

詳細はこちら

 

2017年12月3日(日)    14時00分〜 / サントリーホール
『「フィリップ・ジョルダン指揮ウィーン交響楽団」鑑賞ツアー』

ウィーン交響楽団は、1年に150以上のコンサートやオペラ公演を行っている、世界中から愛されている交響楽団。その主席指揮者であるフィリップ・ジョルダンは、かつでベルリン国立歌劇場の首席客演指揮者を務め、現在は、パリ・オペラ座の音楽監督を兼務している、こちらも世界が認める指揮者です。 ジョルダンとウィーン響の覚醒と新時代を象徴する本ツアーを、お見逃し、お聴き逃しなく!
※定員に達したため、申込受付は終了いたしました。多数のお申込み、誠にありがとうございました。

詳細はこちら

 

  • 夕食会・午餐会のご案内
    • 夕食会・午餐会のご案内
    • 夕食会・午餐会予定
    • 夕食会・午餐会感想レポート
  • 講演会
    • 講演会メール案内申し込み
    • 講演会メール案内解除
  • 企画イベント
    • 企画イベント案内
    • 過去の企画イベント
  • 生涯メールについて
    • 生涯メールアドレスサービス
    • 生涯メールアドレス申し込み 学士会会員の方の登録
    • 登録内容の変更 パスワードの変更
    • 登録内容の変更 転送先変更
    • サービス停止
    • パスワードをお忘れの方
 
 
 

お客さまのプライバシー保護のため、
Digital IDを導入しSSL暗号化通信を採用しています。

Get ADOBE READER Get ADOBE FLASH PLAYER

当ウェブサイトでは、一部のコンテンツでFlashおよびPDFを使用しています。