夕食会・午餐会感想レポート

平成27年開催の夕食会・午餐会に参加頂きました会員より、講演の内容をレポートしていただきました。

平成27年11月午餐会  「家族の多様化と家族法の対応」

講師:大村 敦志氏(東京大学大学院法学政治学研究科教授)

法制審議会民法部会幹事・部会長を務める氏が、変容する家族と家族法をテーマに講演を行いました。


平成27年11月夕食会「財政再建と日本経済」

講師:吉川 洋氏(東京大学大学院経済学研究科教授)

財政制度等審議会会長を務める氏が、膨大な累積債務残高を抱える我が国の財政再建をテーマに講演を行いました。


平成27年10月午餐会「これからの内視鏡医療~内視鏡はどこまで進化しているのか」

講師:田尻 久雄氏
(日本消化器内視鏡学会理事長/
東京慈恵会医科大学先進内視鏡治療研究講座教授)


日本消化器内視鏡学会で第5代理事長を務める氏が、日本が世界をリードする内視鏡の最新事情を語りました。


平成27年10月夕食会「今後の日本外交~アメリカ・中国とどう向き合うべきか」

講師:五百旗頭 真氏(公立大学法人熊本県立大学理事長)

平成14年以来の「夕食会」登壇となる前防衛大学校長の氏が、米中との付き合い方を指南しました。


平成27年9月午餐会「特殊詐欺~その巧妙な手口と騙されないための対策」

講師:露木 康浩氏
(警察庁長官官房審議官(刑事局・犯罪収益対策担当))


振り込め詐欺に代表される特殊詐欺から身を守る術を、現役の警察庁担当者が紹介しました。


平成27年7月午餐会「日本経済再生の処方箋」

講師:冨山 和彦氏(株式会社経営共創基盤 代表取締役CEO)

企業再生のスペシャリストが、日本経済再生策を提言しました。


平成27年7月夕食会「政界人物評論・今昔物語」

講師:御厨 貴氏(放送大学教授・東京大学名誉教授)

オーラル・ヒストリーの第一人者が7年ぶりに夕食会に登壇しました。


平成27年6月午餐会「日本の妖怪文化~その特徴と魅力」

講師:小松 和彦氏(国際日本文化研究センター所長)

35,000件超収録の「怪異・妖怪伝承データベース」を監修するなど、“妖怪博士”の異名を持つ氏が講演しました。


平成27年6月夕食会「進化生物学からみた少子化~ヒトだけがなぜ特殊なのか」

講師:長谷川 眞理子氏(総合研究大学院大学副学長・先導科学研究科教授)

なぜ人間だけが、種の保存という生物の本能に反する“少子化”を選択したのか、その謎に迫りました。


平成27年5月午餐会
「ビッグバン宇宙創生のインフレーション理論-観測的実証への期待-」

講師:佐藤 勝彦氏(自然科学研究機構長/東京大学名誉教授)

「インフレーション理論」の提唱者として著名な氏が、講演を行いました。


平成27年3月午餐会「東南アジアの現状と展望」

講師:白石 隆氏(政策研究大学院大学長)

ASEAN経済共同体(AEC)の発足を控え、世界中から注目されている東南アジアをテーマに、講演を行いました。


平成27年3月夕食会「昭和史から学ぶこと」

講師:保阪 正康氏(ノンフィクション作家・評論家)

「昭和史を語り継ぐ会」を主宰する昭和史研究の第一人者が、講演を行いました。


平成27年2月午餐会「想像するちから:チンパンジーが教えてくれた人間の心」

講師:松沢 哲郎氏(京都大学霊長類研究所教授)

天才チンパンジー アイと、その息子アユムの育ての親としても知られる氏が、講演を行いました。


平成27年1月午餐会「『人口急減社会』における効果的な少子化対策」

講師:増田 寛也氏(株式会社野村総合研究所顧問/元総務大臣)

日本創成会議座長として、896自治体が消滅危機にあるとの衝撃発表を行った氏が、講演を行いました。


Acrobat Reader

PDF形式のファイルをご覧になるためにはAcrobat Readerが必要です。
Acrobat Readerをお持ちでない場合は、左のアイコンからダウンロードして下さい。