學士會員 御  中
村岡 範爲馳 No20号(明治22年 10月)

着後毎日大勉強ニテ電信電話、電燈、電氣力等ノ諸會社ニ行キ取調ニ從事シ來ル二十四日迄滯留ノ見込電燈及電動力使用ノ隆ナルハ實ニ驚クベキモノナリケーブルカー會社ニモ行キ實况研究ノ見込ニ候委細ハ其内

○拜啓小生出立ノ節學士會月報ハ月々送ルヘキ樣留守宅ヘ申付置キシガ 何時 [ イツ ] 迄立ツテモ來ナイカラ此旨催促セシ處山口鋭之助君トカノ世話ニテ七月初旬頃澤山着荷致シ一讀候處誠ニ面白キ事色々有之久々ニテ鄕國ノ知友ト歡話スル如キ思ヲ爲セリ此後ハ伯林公使館宛ニテ御送致ヲ乞フ。年久シク成立チ居レトモ此ゾト云フ音沙汰モ少ナカリシ學士會カ昨年來ヨリ面目ヲ改メ今日ノ如ク便利ニ學士知友ノ音信消息ヲ知ルヲ得ルニ至リシハ一ハ委員諸君ノ御骨折二ニハ通信者ノ御盡力ニアルコトナレバ小生モ徒ニ他人ノ恩ノミヲ受ケンヨリハ自分モ亦何カ面白キ事ヲ書キ立テタシト月報到着以來日々思ヒナガラモ今日ヨ明日ヨト日ヲ送リ、ヤツト、唯今始メテ筆ヲ執ルノ暇ヲ拵ヘタリ。然レバ何ヲ書イタラ面白カラント稍暫ク筆ヲ [ カシ ] リ遂ニ植村氏倫敦七不思議ノ例ニ傚ヒミュンヘン七不思議トデモ題シテ當地ノ景况ヲ述ベタラ宜シカラント思ヒ付キタリ依テ次ニ之ヲ述フ

○第一 ミュンヘンノビール 是ハビール國ヲ以テ名高キ獨逸ノ内ニテモビール都府ヲ以テ名アルミュンヘンノ事ナレバ獨逸ニ來ル外國人ノ内ニハビールノ有樣一見ノ爲メ態々當府ニ立寄ル人ガアル位ノ奇觀ナリ。當府釀造塲ノ數ハ五十乃至百計リアルベク就中美味ヲ以テ世評ヲ博シタルハホフブロイハウスニテ來客朝夕充滿セリ其飮酒塲ノ有樣ハ日本ニテ何トモ比較ノ致シ方ナシ廣サ三四百坪計リノ庭ニビールノ空樽ガゴロヾヽコロゲテ居ル處ト百坪計リノ眞暗ナ室カ一個アルノミナリ。來客ハ如何ナル人物ゾト云ヘバ半ハ眞ノビール家ニテ當府下ノ住民ナリ半ハ見物(兼飮)ノ爲メニ來ル人ナリ故ニ來賓ニハ紳士紳商アリ貧賤ノ勞力者アリ丸デ玉石混交ナリ。扨ビールヲ得ント欲スル者ハ先ツ五合入ノ大甁ヲ棚ヨリ取リ出シ流シニ行キ之ヲ丁寧ニ洗滌ス是ハ甁ヲ用ヒタル儘棚ニ上ゲ置クコト少ナカラザルヲ以テ中ニハ酸臭鼻ヲ突ク如キ汚甁アル故ナリ。其ヨリ混衆ヲ押シ分ケ我先ニト樽番ニ謁見シ六錢ヲ投シテ新鮮ノビール山盛一杯ヲ購ヒ、得意然トシテ庭中ニ持チ出スナリ。底デ庭中ノ檐下ニ腰掛ケアレトモ之ニ有リ付クコトハ滅多ニ無シ故ニ空樽ヲ目付ケテ之ニ大瓶ヲ載ルコトヲ得レバ先ツ好首尾ト云フベク之ヲモ得ズシテ庭中ニ立飮スル者往々是アリ。獨逸人ハ渴ヲ止ムル爲メニビールヲ飮ムト云フナリ「日本ニハ從來ビールナシ」ト云ヘバ「喉ノ渴ク時ニハ何ヲ飮ムヤ」ト問フ。「茶ヲ喫ス」ト荅フレバ「茶ノ樣ナ高價ノ品ガ能クソンナニ飮メル」ト驚ク人物ガ間々アリ。若シ此問荅ヲ日本ニ移サバ茶及ビールナル名詞ヲ入レ易フレバ可ナランノミ。ビールヲ飮ムニハ何モ食セザルヲ常トス併シ食事ニハ必スビールヲ飮ムナリ故ニミュンヘン人ハ食セザルコトアリ飮マザルコトナシ。大根ヲ薄切ニシテ盬ヲ付ケ之ヲビールノ菜ト爲ス者アリ之ハ日本ノ好酒家モ既ニ獨立發明セシ事ナリ。又晩餐旁當塲ニ來ル者アリ。食物モ亦自ラ庖厨ニ行キ購フ事ナリ、給仕人ナキニアラサレトモ中々手廻リ兼ヌル故大丁ハ自分デ用ヲ逹スルナリ、又途中ニテ辨當ヲ賈ヒ來ル者多シ。此連中ノ酒量ハ勿論樣々ナレトモ壹舛五合位ヲ晩餐ノ通例トス其多キニ至ツテハ五舛六舛無量舛ナリ、ミュンヘン人ノ酒量ハ折々外國新聞ノ問題トナル事ニテ先逹テモウヰーンノ新聞ニ「晩酌ニ貳拾トツトル(壹斗)ヲ傾クルノ婦女アリトノ説ハ事實ナリ」ト記セリ是ハドウダカ。斯ク大飮スルモアルコールノ量少ナキ(百分ノ三四)ト飮ミ樣ノ徐々ナルトニ依テ酩酊スル者幾ト稀ナリ、當府人ハ全ク嘉味ノ爲ニ飮ムナリ、醉ヲ求ムル爲ニアラズ。右ハ最モ有名ナルホフプロイハウスノ話ナルガ其他ケルレルト名ツクルモノアリ穴藏ノ意ナリ實際穴藏ヲ以テ飮酒塲ト爲スモノモアレトモ多クハ唯名ノミナリ。是ハホフプロイハウスヨリ体截宜シク殊ニ夏期ハ靑々タル樹下ニ百千ノ酒客群集シ、凉ヲ納レ音樂ヲ聞キ宛グイヾヽ傾クルコトナリ、之ニ供給スルビールハ 牛力 [ ギウリヨク ] ヲ以テ斷ヘズ穴藏ヨリ引上グルナリ。當府ニテハビールハ幾ト酒ノ中間ニ加入セザルノ樣子ニテ老若男女ノ別ナク之ヲ飮ムナリ、余ノ知人ホム氏ノ父ハ六十三年ニテ先日死セシガ死スル夜ノ晩餐ニ於テスラ猶貳リツトル(壹舛)ヲ傾ケタリ。殊ニ貧人ハビールガ一番下直ノ飮料ニテ且無上ノ滋養物ト信ジ居ルガ故ニ朝晝晩ノ三食共ニ之ヲ用ユ。當府民ハ平均一日一升ヲ飮ムト云フ(勿論婦女童子等ヲ加入シテ算ス)。政府ニ於テハビール外ノ酒類ニ高税ヲ課シ成丈ケビールヲ獎勵スル樣仕向ケタリ、アルコール量ノ強キモノ(百分ノ五六分)ハ年々一度(凡ソ二週間)之ヲ許ス事アリ慥カ三月頃ト記臆ス此期節ニ於テハ夜間折々酩酊シテ往來スルモノアリ

○第二人民ノ正直 是ハ當府民ニ限ル譯ニハアルマジ併シ當府ガ其有樣ヲ見ルニ最モ好キ機會ヲ與フルモノナリ、他ナシ、ビール及ビ料理店ノ生活ニ於テ之ヲ見ルナリ、前ニモ述ヘタル如ク大穴藏或ハ大料理店ニ於テハ客人群集スル者百千ヲ以テ之ヲ數フ、其中ニハ自ラ飮食ヲ購ヒ來レル者(既ニ勘定濟ミタル者)アリ又給仕婢ニ命シテ齎ラサシムムル者(即チ後ニテ勘定スル者)モアリ此等ノ人 互多交 [ ゴタマゼ ] ニ座居ヲ領メ、出入口ハ數個アリテ人常ニ來徃ス、其有樣漠トシテ少シモ取締ナシ、斯ル塲處ニ於テ勘定等ニ間違ノ起ラヌ [ コソ ] 不思議ナレ、是ハ全ク宗敎々育ニ原因シ卑賤ノ者ト雖モ自重ノ心ヲ有スルニアリト云フ。客人ノ [ ハラヒ ] [ ] ス時ニハ婢ニ其飮食セシ品物ヲ正直ニ白上ス婢ハ之ヲ聞キツヽ即席胸算ス、之ヲ調塲ニ於テ操返シ算盤ヲ彈キ恭シク受取書ヲ差出スニ比スレハ實ニ簡單ト云フベシ。給仕婢モ多人數ヲ引受ル事ナレハ客人ガ勘定ヲ促スモ中々應ゼヌコトアリ。獨逸人ハ氣長ニ之ヲ待ツナリ、又代金ヲ机上ニ置キコソヽヽ去ル者モ少ナカラズ。仕拂ノ節一二錢ヲ與フレハ眞目ナ顔シテ去ル、三四錢ナレハ少々媚ヲ呈ス、五六錢ナレバ後來ノ 持爲 [ モテナシ ] 甚タ宜シ、拾錢モ奢レバ或ハ天秤棒デナグルカモ知ラズ併シ是ハ未ダ經驗ナシ

○第三夏期寒暖ノ急變 是ハベデツケルノ旅行案内書ニ記セル通リ當府ニ來ル外國人ノ注意スヘキ事柄ナリ、日中炎熱ノ時 [ ウツ ] カリ薄着ニテ外出シ夕景ニ至リ急ニアルプス氷山ノ 山下 [ ヤマヲロシ ] ニ出逢ヒ烈シク風ヲ引クコトアリ故ニ當府人ハ必ス 上着 [ ウハギ ] ヲ用意ス、否用意スベシト老人ガ 口辟 [ クチクセ ] ノ如ク注意スルコトナリ、凡ソ夏期ノ寒暖ハ氷山ノ嵐ナクトモ既ニ影ト 日光 [ ヒナタ ] ニテ大差アリ故ニ日中ヲ步行シ暫時上着ナクシテ樹下ニ休息スル時ハ直チニ寒冐ニ掛ルカ又ハレウマチスヲ引キ起スナリ。併シ此用心サヘスレバミュンヘンノ夏ハ日光草津等ノ夏ヨリモ凌キヨシ

○第四水利ノ宜キコト 當府ノ水原ハ高クアルプス山ニアルガ故ニ水利甚ダ便ナリ、運漕上ノ便ニアラズ八鎌シク云ヘバポテンシヤル上ノ益ナリ。他ノ都府ニ於テハ多クハ蒸氣仕掛ニテ用水ヲ高キ大水溜ニ汲ミ上ゲ其ヨリ水管ヲ市中ニ引クヲ通例トスレドモ當府ニテハ此勞ナク從テ費用高カラズ故ニ臺所大小便所等ノ用水極メテ便ナリ。又水泳塲ノ如キモ十二度以上ハ自由ニ温度ヲ變スルヲ得ヘシ何トナレバイザール河水ハ氷山ヨリ來ルヲ以テ三伏ノ候ト雖モ十二度以上ニ昇ルコトナシ故ニウンゲレル水泳塲ニハ十二度十五度及ヒ十七度ノ三塲アリ。又十數年前ニハチフス其他流行病ノ巢窟ナリシ當府ヲ現今ノ如キ健康ノ土地ニ變シタルノ一法ハイザール河ノ急流ヲ利用シ下水ヲ改良セシニアリト云フ。市中急流ノ水脉地下ニ流レ居レリ

○第五高等學校ノ盛ナルコト 當府ハ人口僅カ廿六七万ノ小都ナルガ大學及ヒ諸藝學校各一個アリギムジナシウム五個アリ大學學生ノ數ハ伯林ニ次キテ凡ソ三千六七百(伯林ノ上ニ昇リシコトモアリト云フ)ギムナジウムニハ各七百人計リノ生徒アリ盛ナリト云フベシ。大學ノ學科ハ他ノ大學ト同シク完備トハ云ヒ難シ例ヘハ物理學ノ如キ大學諸藝學校共ニ光學家ノミナリ尤モ越歷工學ハ別ニ設ケアリ。ギムナジウムノ學科ハ日本ノ方遙カニ宜敷ガ如シ當地ノギムナジウムハ死語學校トモ云フベキカ下ノ五級(即チ豫科)ヲ稱シテ羅典學校ト云フニハ驚キタリ、數學ハ充分敎フレドモ理科ハ甚タ少ナク文科ギムナジウムニ於テハ少シモ博物ヲ課セズ理科ギムナジウムト雖希臘語ヲ欠キ博物ヲ入ルヽ等ノ小差アルノミニテ矢張語學校ノ評ヲ免レス。學科改正ノ義ハ人ノ久シク必用ト感スル所ナレドモ如何セン當時學政ヲ執ル人及ヒ敎員等多クハ其身自ラ語學ヲ以テ成長シタル人物故中々急ニ行ハレヌナリ。去五月頃當諸藝學校ノ物理學敎授ゾーンケ氏ハギムナジウム學科改良會ナルモノヲ設ケタリ其目的ハギムナジウム九級ヲ二段ニ別チ下ノ六級ヲ凡ソ當時ノ有樣ニテ語學ヲ主トシ上ノ三級ヲ文理ニ分ツニアリ。小生先日ゾーンケ氏ニ日本高等中學ノ學科課程ヲ告ケシニ同氏ハ大ニ之ヲ賛稱シ獨逸ニテモ之ヲ模範トセサルヘカラズト云ヘリ呵々。左レバ實地授業上ノ事ハサテ置キ紙面上ノ規則ハ日本ノ方ガ進步セルガ如シ

○第六美術ノ盛ナル事 ミュンヘンハ美術都府ナリ美術大學校アリ音樂學校アリ新古百般ノ畫像彫刻物等ヲ保藏スル博物館大小十有餘アリミュンヘン人ニテ美術上ノ一藝ナキ者ハ貴賤ヲ論セス幾ト稀ナリ故ニ宴會席等ニ於テ談話、半ハ美術ニ渉ルヲ常トス、美術學生ハ歐米諸國殊ニ英人及ヒ北米人多キカ如シ日本ノ原田氏甞テ當大學ニ在リシト云フ。日本ニテ未タ見受ケザル樂器ハチーテルト申スモノナリ長サ一尺餘、幅七八寸位ニテ金屬絃三十四アリ其内五個ハメロヂー二十九個ハ 調和 [ ハーモニー ] ノ用ニ供ス是ハピアノヲルガンノ如ク獨立ノ樂器ナリ代價ハ拾圓ヨリ七八拾圓ト思ハル米國人ガ殊ニ珍シガツテ修業スト云フ小生モ内職ニ習ヒ度存スレトモ何分間暇ナシ併シ伊澤君ノ忠告ニ依リパノラマハ一見セリ。又チーテルニテ一層簡單ナルハ十八弦ノ品ナリ是ハ日本ノ琴ノ如シ弦毎ニネヂ付ニテ至極便利ナリ、不完全ナガラモ調和ヲ付ケテ彈スルコトヲ得ヘシ、是ハ日本ノ小學校ナドニハ或ハ適當ナラン代價ハ三圓ヨリ五六圓ナリト云フ

○第七 見惡 [ ミユニク ] の夜景 此説明ハ植村君ニ讓ル

○右ニテ七不思議ハ先ツ濟ミナシタガ當府留學ノ日本人ヲ數フレバ法學士ニテハ河村醫學士ニテハ小池柴田理學士ニテハ横山堀其他醫學生ニテ岩佐長與松本化學ニテ豊永山林學ニテ野村經濟ニテ杉山氏等ナリ先學期ニハ十六人ナリシガ當時休業中ニ付减少セリ、併シ學期ガ始マレバ又增加スルコトナラン。右横山氏ハ今日歸朝ノ途ニ就ク筈ニテ今ヨリ見送リニ行ク [ ツモ ] リナリ同氏ハ先ツ倫敦ヘ行キ其ヨリ佛船ニテ歸朝ノ由何レ十月下旬ニハ着京ナラン。封中ノ寫眞ハ横山氏送別ノ爲メ郊外遠足ノ節早取セルモノナリ裏面ニ姓名ヲ記セリ此 手際 [ テギハ ] ニテハ淺草奥山ノ開業ハ大丈夫ト信ス如何。小生ハ當時ロンメル、ゾーンケグレツ氏等ニ就キ學ヘリ來月ノ始伯林行ノ心得ナリ。諸君ノ中歐洲再遊ノ志アル御方モアランガ爰ニ忠告申シ度キハ立派ナル役人トシテ來ルカ又ハ自費ナラバドツサリ丸印ヲ用意シ來リ賜ヘ然ラサレバ先ツ充分ニ仙臺萩及ヒ子路ノ道ヲ研究スルコトヲ要ス是レ小生經驗ノ言ナリ。此外猶述ヘ度キ事アレトモ今日ハ之ニテ止メマス諸君御自愛アレ
在ミュンヘン
村岡範爲馳