学士会同好会の紹介

学士会では現在7つの同好会が活動しています。
各同好会のご紹介です。ご興味のある方は、お気軽に各同好会までお問い合わせください。

撞球会

ビリヤードは、玉の運動を予測するという知的活動であるとともに、手足の微妙な動きが大切な、体力維持、ボケ防止には絶好の室内スポーツです。会員の大半は全くの初心者で入会し、数年間で中、上級レベルに達しています。 現在若年層を対象とした“初心者セミナー”を定期的に開催して同好者のすそ野を広げるとともに、退職後に趣味の領域を広げようとする人たちを大歓迎しています。
関心をお持ちの方は、4階の撞球室をちょっとのぞいてみてください。会員でなくても、キューの持ち方から解説します。 とくに毎月最終土曜日午後は、“初心者デー”ということで、経験者浅い人たちに集まってもらいベテランの指導の下ゲームを楽しんでもらいます。
毎日午後には会員が居ますので、お気軽にお問い合わせください。

詳細はこちら

撞球会
 

囲碁会

囲碁会は発足以来100年を超える伝統があります。広く明るい対局室での絶好の環境に恵まれ、 級位者から高段者まで300名近い会員が対局と交流を楽しんでいます(中には、90才を過ぎ、カクシャクたる会員もいます)。
囲碁を愛し、且つ棋力の向上を目指す学士会会員の方はどなたでも入会できます。女性、二段以下、級位の方は特に大歓迎です。
ご興味をお持ちの方は、ぜひお気軽に学士会館4F会員倶楽部室までお越しください。

詳細はこちら

 

将棋会

将棋会は毎週火曜日と木曜日の午後に例会を開催しています。また今年から土曜日の午後にも一般の将棋愛好会員と共に対局を行っています。会員は級位者から有段者までそれぞれの棋力に応じた駒落ち対局を楽しんでいます。秋・冬・春・夏の4期に分けたリーグ戦を行いその優勝者4名で学士会理事長杯を争います。また、日本将棋連盟の鈴木大介九段とその愛弟子の梶浦宏孝四段による指導対局や自戦譜の大盤解説を行っています。
孫が将棋を習いたがっているがどうしたら良いかわからない方、どうぞ土曜日にお連れください。将棋会員がお教えします。将棋会へ入会を希望される方は火、木、土曜日の午後に会館4階の会員倶楽部室にお越し下さい。

詳細はこちら

将棋会
 

草樹会(俳句)

今日、どこの俳句結社の句会でも参加者の大半が女性となりますが、草樹会は男性ばかりの珍しい俳句会です。
句会は、毎月第4火曜日午後1時に投句を締切り、前月に出された四つの兼題と当日の席題より5句を投句して5句を互選、高得点者を披露して終ります。そして、年間の高得点者に学士会理事長杯が授与されます。
既受賞者は対象外となるため、入会3~4年の方が同賞を獲得する場合も少なくありません。
毎回句会終了後には、会員同士思い思いに繰り出し、懇親を深めています。
俳句を愛好される方、特に女性会員の入会を大歓迎いたします。

詳細はこちら

草樹会
 

裁錦会(漢詩)

移居今夜薜蘿眠  居を移して今夜薜蘿に眠る
夢裏山鶏報暁天  夢裏の山鶏 暁天を報ず
不覚雲来衣暗湿  覚えず雲来って衣暗に湿う
即知家近深渓辺  即ち知る家は深渓の辺に近きを
この詩「山夜」 今の時代でも詠めますね。作者は嵯峨天皇、凡そ1200年前の作品です。 漢詩は、包容力に富み、時を超える力を持ちます。水流任急境常静 花落雖頻意自閑 に落ち着きます。
裁錦会の特色は、分野の異なる会員が、詩題を選ばず、自由闊達に詩作を楽しみ、また相互に研鑚することにあります。各有性情非可奪 自家要作自家詩がモットーです。現在詩作の範囲を近体詩、古詩、詞に限定しています。漢俳の試みは、まだ定着していません。これからの課題です。
漢詩は閾が高いと思われがちですが、決してそんなことはありません。何か新しいことを勉強したいと思われたら、先ず門を敲きそして推してください。作詩は何歳からでも始められますし定年はありません。初心者であれば、この場で好奇心向学心燃え盛ることでしょう。また、既に詩作を楽しまれている方、詩作の視野を広げませんか。

詳細はこちら

裁錦会
 

短歌会

短歌にもいろいろありますが絵画同様前衛的なものから、言葉の情感に訴えるものまであります。
初期の短歌は万葉集と考えられていますが、その頃は日本発祥の文字がまだ十分な発達をしておらず、短歌は日本人の音楽性の好みに合ったのか口伝えで五七五七七あるいはその類似形で広がり、やがて万葉仮名の登場で記録されるようになりました。その後、ひら仮名が発明され、芸術性を勝ち取るまでになったのです。このひら仮名によって短歌は大きく発達しました。五七五七七の定形性に適当な数の漢字と仮名の組み合わせることで表現にも美しさが生じます。
第二次大戦の終了後に、日本語の簡単化を目的とした仮名文字改革がおこなわれ、歴史仮名づかいの有する伝統美と有用性を捨てて、現代文を発音通りに記述することになりました。これにより作品が大きく分けられるわけですが、学士会短歌会は自由で鷹揚な組織であって、歌の詠み方に特段の規則を押しつけるものではありませんので、多くの方にご参加いただきたいと思います。例会は2カ月毎に開かれ会員の親睦のもと発言に遠慮がなく切磋琢磨が実行できます。
国民に愛される日本生まれのことばの芸術を私達と、是非、楽しみましょう。
短歌会一同、入会のご連絡をお待ちしております。

詳細はこちら

短歌会
 

学士会落語会

本会は、落語を通じて日本文化を研究し、併せて質の良い健全な笑いの場に集うことにより会員相互の親睦を深め、より豊かで健康的な人生を楽しむことを目的に掲げ、平成17年10月に発足いたしました。学士会同好会の中では最後発ながら、現在約300名の会員を擁する大きな組織に育っています。
年6回の例会では、落語家による優れた話芸の鑑賞を中心に、時には有識者による講演を加える等、工夫をこらした企画を楽しんでいただいています。また、寄席の楽屋見学、会員有志による落語実演ミニ落語研究会といった特別企画も実施し、その他会報「まくら」を隔月刊行し、例会の模様、落語に関する解説、会員投稿記事などをお届けしています。さらに最近では、当会専用のFacebookを設け、落語に関する情報や意見を日常的に交換する新しい試みにも着手しています。

詳細はこちら

学士会落語会
 

Acrobat Reader

PDF形式のファイルをご覧になるためにはAcrobat Readerが必要です。
Acrobat Readerをお持ちでない場合は、左のアイコンからダウンロードして下さい。